メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「考えた」白鵬、意表突く右の張り差し 左四つで朝乃山をすくい投げ

立ち合いで朝乃山(左)を攻める白鵬=福岡国際センターで2019年11月12日、津村豊和撮影

 白鵬が横綱の貫禄で、三役以上でただ一人連勝していた朝乃山の勢いを止めた。

 立ち合いで右から張って左を差すと一気に土俵際に追い詰め、すくい投げで倒した。本来とは逆の左四つの攻め。「考えて相撲を取った」と振り返った。

 朝乃山とは右の相四つで、張り差しを狙うなら左で張るところ。朝乃山も「左手だと思った」というが、見…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 19日開幕に影響懸念

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです