メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変則投手に手玉に取られた侍J 3時間前の先発変更で主導権握られ

【日本-米国】三回裏日本無死一塁、併殺打に倒れた丸=東京ドームで2019年11月12日、大西岳彦撮影

[PR]

●日本3-4米国○=「プレミア12」2次ラウンド(12日、東京ドーム)

 国際大会で問われる「対応力」が勝負を分けた。米国は予告していた右腕・ハウクの体調不良で右横手投げのマーフィーを先発起用。試合開始約3時間前の変更に稲葉監督は「驚いた。(選手起用を)練り直した」と臨んだが、変則投手に3回を無安打無得点に抑えられ、主導権を握られた。

 2点を先行されて迎えた三回。先頭の外崎(西武)が四球を選び、初めて無死で走者を出した。ここで打席には1番・丸(巨人)。前日(11日)のオーストラリア戦では、無死一塁から犠打を決めたが、この日のサインは「打て」。マウンドのマーフィーが投じた外角直球に思わず体が反応。投手前に転がる併殺打で、一瞬で好機を潰した。八回1死二塁では、坂本勇(巨人)が空振り三振に倒れた。

 初対戦の投手を攻略しないといけない国際大会では、変則投手対策は攻撃陣の課題の一つだ。オーストラリア戦でも横手に近い右腕のルジッチに4回を鈴木のソロのみに封じられた。試合前ミーティングで、稲葉監督は「こういう(変則の)投手を打ち崩していかないといけない」と話したが、結果につながらなかった。

 これで日本は2勝1敗。決勝進出の可能性は、まだまだ残っている。2009年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)以来の世界一を勝ち取るためには、打線の立て直しが必要だ。【田中将隆】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです