メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『中国くいしんぼう辞典』崔岱遠/著

◆『中国くいしんぼう辞典』崔岱遠/著、李楊樺/画、川浩二/訳(みすず書房/税別3000円)

 中華料理を食べに行きましょうと誘われて、むやみに辛かったりする料理ばかりでないといいな、と、おずおず出かけることは少なくない。実はあんまり得意でないので。でも『中国くいしんぼう辞典』を開けば、そういう、がつんとくるものばかりが中華ではないと分かる。

 辛いのはもちろん請け合いの料理のひとつ、麻婆豆腐。そのふるさとである四川の料理を紹介するページでは、「唐辛子の流行が四川で盛り上がり始め」てから100年以上、150年未満だとある。存外、最近では? そして、白菜の葉をどんどんむいていって辿(たど)り着く、柔らかな芯だけを澄んだスープに浮かべた「開水白菜(カイシュイバイツァイ)」の成り立ちが語られる。「花椒と唐辛子で麻痺させられた食べ手の味覚をよみ…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  5. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです