メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古代文字を歩く

/2 音と意味、ノート埋める鳥 -カイロでヒエログリフを習う-

記者が習い始めたヒエログリフのテキストには、大量の鳥が登場。これ全部覚えるの?

 エジプトの古代文字ヒエログリフ(神聖文字)は今、土産物のコーヒーカップなどに描かれ、観光客に人気だ。もし習えば読めるようになるのだろうか。カイロ大大学院で考古学を専攻する女子学生(28)に「家庭教師」を頼むことにした。【カイロ篠田航一】

 首都カイロ近郊のカフェで、週1回、2時間250エジプトポンド(約1600円)。授業初日、テキストを開いて驚いた。とにかく鳥が多い。英語の「a」に相当するのはハゲワシ、「m」がフクロウ、「u」「w」はウズラのヒナだ。

 例えば「つかむ」を意味する「アムム(amm)」。まず、ハゲワシを書いて、その後フクロウを2羽書く。…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです