メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日出版文化賞の人々

/下 特別賞 ブレイディみかこさん

 ◆特別賞 『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社・1485円) ブレイディみかこさん

 受賞作は英国在住の著者が、中学校に通う息子の姿を母親目線でつづった作品。差別や貧困など社会の問題が凝縮した学校で、息子が懸命に考え成長していく日々を描き話題になった一冊だ。「意外でびっくりしましたが、この本をパッケージして届けたチームにいただいた賞だと思います」と受賞を受け止めた。

 平和なカトリック系の小学校に通っていた息子は一転、近所の「元底辺中学校」に進学することを決める。そこは貧困や格差、差別やあつれきが渦巻く環境だった。「現場を書きたい」との思いで、息子の成長と共に毎月の連載で追った。

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. C.W.ニコルさん死去 作家・ナチュラリスト 79歳

  5. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです