メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外英保守党、総選挙で単独過半数獲得

台風19号1カ月 続く避難所生活 34カ所1050人、被災者に疲れ /福島

テントなどが並ぶ避難所にたたずむ三本木宏彰さん=福島県郡山市芳賀の市立芳賀小体育館で

[PR]

 県内に深い爪痕を残した台風19号の上陸から12日で1カ月を迎えた。いまだ8市町村34カ所の避難所で532世帯1050人が暮らしている。長期にわたる不自由な生活で、被災者からは疲れの色が見え始めている。【渡部直樹】

     市街地が広い範囲で浸水した郡山市では、12日午前10時現在も、10カ所の避難所に171世帯343人が暮らす。市立芳賀小学校の体育館に避難している同市横塚の三本木宏彰さん(65)は「もう疲労困憊(こんぱい)だ。曜日感覚もなくなってきた」とため息をついた。自宅はアパートの1階。13日未明にベッドが揺れて目が覚めると自室は膝下まで浸水しており、歩いて小学校に避難した。

     今は段ボールに囲まれた3畳ほどのスペースで、体操用マットで寝起きしている。郡山市は市営住宅や東京電力福島第1原発事故の避難者向け仮設住宅などを無償提供しているが、三本木さんは応募しなかった。もともと悪かった足腰が避難所生活でさらに弱り、自力で買い物に行けなくなったためだ。

     地域包括支援センターに紹介されたサービス付き高齢者住宅に移ることに決め、連絡を待っているという。「ここはまわりに気を使うので落ち着かない。早く高齢者住宅に行きたい」と話した。

     本宮市でも5カ所の避難所で約150人が暮らしているほか、浸水を免れた2階で暮らしている人も多い。

     避難所となっている市立本宮小学校の体育館では、無償の昼食を受け取るために訪れた近隣の主婦らが談笑していた。同市本宮舘町の50代の女性は、自宅1階が床上2メートル以上浸水し、2階での生活を続けている。「毎朝、起きる度に、これは現実なんだと落ち込んでしまう。ここに来てみんなで話しているときだけ笑える」と話した。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

    2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

    3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

    4. 元警部銃撃 工藤会トップら2人に2審も賠償命令 初の高裁判決

    5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです