改築中の等々力硬式野球場、来年10月に供用開始 川崎市発表 /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
等々力硬式野球場のイメージ図=神奈川県川崎市提供
等々力硬式野球場のイメージ図=神奈川県川崎市提供

 川崎市は、中原区で改築中の等々力硬式野球場について、2020年10月上旬に供用を開始すると明らかにした。当初は18年6月に完成予定だったが、地中からコンクリート片が見つかるなどして大幅に遅れていた。

 市建設緑政局によると、球場は両翼100メートル、センター122メートルで、人工芝のグラウンドを予定している。観客席は内野5300、外野4000の計9300席。社会人野球や高校野球などが開催可能な球場として完成が期…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

あわせて読みたい

注目の特集