メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検校しのび「六段の調」献曲 流派超え、琴や尺八で100人参加 修行した諫早・慶巌寺に響く /長崎

 諫早発祥とされる琴の名曲「六段の調(しらべ)(六段調、六段)」を作った近世箏曲の祖、八橋検校(やつはしけんぎょう)(1614~85年)をしのぶ「六段まつり」が、諫早市城見町の慶巌(けいがん)寺であった。邦楽愛好者ら約100人が参加して、六段の調を献曲した。【足立旬子】

 検校は江戸時代初期の盲目の音楽家で、京都名物として知られる和菓子「八ツ橋」の名前の由来になったことでも知られる。慶巌寺での修行時代に…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです