メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

デジタル人民元、覇権狙う 中銀で世界初/国家の管理強化

デジタル人民元の実用化を急ぐ中国人民銀行=北京市内で2019年11月12日午前、赤間清広撮影

 中国人民銀行が、主要国の中央銀行としては世界初となるデジタル通貨の発行準備を本格化させている。中国・人民元の世界的な影響力を高める狙いのほか、約25億人のユーザーを持つSNS大手、米フェイスブック(FB)が開発を進めるデジタル通貨「リブラ」への危機感が背景にある。一方のリブラは、各国の規制当局の包囲網に阻まれ発行準備が遅れており、デジタル人民元が次世代の通貨開発競争で優位に立つ可能性もある。

 中国人民銀行は2014年にデジタル通貨の研究に着手し、17年に専門の研究所を設置して実用化の可能性を探ってきた。人民銀の易綱総裁は9月下旬の記者会見で「開発は前向きな進展を遂げている」と表明。習近平国家主席は10月24日、中国共産党の学習会で「コア技術の攻略に力を入れねばならない」と述べ、デジタル通貨の基幹技術の研究加速を指示した。

この記事は有料記事です。

残り2081文字(全文2447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  2. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです