メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

ベルリンの壁、崩壊30年

トーマス・アーベ氏

 第二次世界大戦後のドイツを分断し、米ソ冷戦時代の象徴と言われたベルリンの壁が崩壊して30年たつ。融和への期待に浮き立った欧州は今、移民・難民の排斥や英国の欧州連合(EU)離脱などを巡り課題を抱える。壁の崩壊とその後のドイツ統一はどのような功罪をもたらしたのか。3人の識者に聞いた。

旧東独に残る「二級市民」意識 トーマス・アーベ 社会学者(旧東独出身)

 1989年11月9日、ベルリンの壁に集まった人々が写真に納まっている。人々はその後、壁に登って踊り、ハンマーを振るって壁を壊し始めた。旧東独の非暴力の市民デモがもたらした「平和革命」の象徴だ。

 東西ベルリン間の国境が開かれて東独側から西独側に流れ出た人々は、西側世界に仲間入りすることを望んだ…

この記事は有料記事です。

残り4248文字(全文4571文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです