メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あす大嘗宮の儀 古来の秘事、厳かに 国民の安寧祈る 儀式は非公開

完成した大嘗宮=東京都千代田区で=東京都千代田区で2019年11月5日午後2時16分、本社ヘリから尾籠章裕撮影

 天皇陛下が米やアワなどを供え、五穀豊穣(ほうじょう)や国民の安寧を祈られる代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が14、15日に皇居・東御苑の大嘗宮で行われる。宗教色が強く「秘事」とされる儀式の内容を解説する。【高島博之、和田武士】

 大嘗祭は飛鳥時代の天武、持統天皇が即位した7世紀後半に始まったといわれる。戦乱などによる中断もあったが、即位した天皇が一代に一度だけ行ってきた。

この記事は有料記事です。

残り2510文字(全文2729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです