あす大嘗宮の儀 古来の秘事、厳かに 国民の安寧祈る 儀式は非公開

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
完成した大嘗宮=東京都千代田区で=東京都千代田区で2019年11月5日午後2時16分、本社ヘリから尾籠章裕撮影
完成した大嘗宮=東京都千代田区で=東京都千代田区で2019年11月5日午後2時16分、本社ヘリから尾籠章裕撮影

 天皇陛下が米やアワなどを供え、五穀豊穣(ほうじょう)や国民の安寧を祈られる代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が14、15日に皇居・東御苑の大嘗宮で行われる。宗教色が強く「秘事」とされる儀式の内容を解説する。【高島博之、和田武士】

 大嘗祭は飛鳥時代の天武、持統天皇が即位した7世紀後半に始まったといわれる。戦乱などによる中断もあったが、即位した天皇が一代に一度だけ行ってきた。

この記事は有料記事です。

残り2510文字(全文2729文字)

あわせて読みたい

ニュース特集