メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あす大嘗宮の儀 古来の秘事、厳かに 国民の安寧祈る 儀式は非公開

完成した大嘗宮=東京都千代田区で=東京都千代田区で2019年11月5日午後2時16分、本社ヘリから尾籠章裕撮影

 天皇陛下が米やアワなどを供え、五穀豊穣(ほうじょう)や国民の安寧を祈られる代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が14、15日に皇居・東御苑の大嘗宮で行われる。宗教色が強く「秘事」とされる儀式の内容を解説する。【高島博之、和田武士】

 大嘗祭は飛鳥時代の天武、持統天皇が即位した7世紀後半に始まったといわれる。戦乱などによる中断もあったが、即位した天皇が一代に一度だけ行ってきた。

この記事は有料記事です。

残り2510文字(全文2729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです