メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

なぜ続くスギ花粉皮膚炎=答える人・横関博雄教授(東京医科歯科大・皮膚科)

 Q なぜ続くスギ花粉皮膚炎

 春の花粉シーズンになると顔や首に紅斑が出て、スギ花粉皮膚炎と診断されました。今年はその後も症状が続いており、原因と治療方法を知りたいです。(東京都、女性、76歳)

 A スギ以外や薬品、日光も原因に

 花粉によって皮膚にアレルギー症状が出る状態を花粉皮膚炎と言います。顔や首など肌が露出している部分に発症しやすく、赤い腫れが広がる紅斑が出るのが特徴です。ブツブツした吹き出物や水疱(すいほう)を伴うことは少なく、鼻水や目のかゆみなど花粉症の重症度には比例しません。ただ、症状が出るのは花粉が飛散している時期に限られ、スギ花粉なら春と11~12月ごろです。それ以外の時期に症状が出る場合、別の原因が考えられます。

 日本では、ほぼ通年で何らかの花粉が飛散しているため、違う種類の花粉による可能性があります。また、目…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです