メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

マイクロサージャリー=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

 顔面や指などのケガでは、血管や神経など微細な構造物の修復が、キズに対する初期治療に必要な場合があることをお話ししてきました。しかし、このような治療は半世紀以上前には考えられませんでした。肉眼で縫うことができる大きさに限界があるからです。光学機器の開発が進み、手術用顕微鏡が医療現場に導入され、初めてそのような手術が可能になったのです。

 手術用顕微鏡を使って視野を拡大しながら行う手術をマイクロサージャリーといい、繊細な操作が必要な時に…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  2. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  3. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  4. 五輪特需、延長頂きました スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  5. Dr.STONE テレビアニメ第2期の制作決定 「ジャンプ」の人気マンガが原作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです