メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラアスリート交差点2020

やってみる 「フラット」な合宿場所=車いすバスケットボール・鳥海連志

[PR]

 先日、味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)の隣にできたNTC拡充棟「NTCイースト」で、日本代表の合宿がありました。パラリンピック競技の選手に配慮された施設で、素晴らしいと感じました。食事や宿泊場所が1カ所に集まっているため練習に集中できました。以前は練習後に車などで宿舎に移動し、栄養を摂取するタイミングが遅れることもあったので、ありがたいです。

 NTCイーストには、パラスポーツの他競技の選手や五輪を目指す選手もいます。練習に集中していたこともあり、じっくり話をする機会はありませんでしたが、他競技の選手とすれ違ってあいさつをするだけでも、身が引き締まります。

 施設のバリアフリーも行き届いていました。以前は車いすでの利用に対応していない宿舎もあり、浴室やトイレで苦労する選手がいました。NTCイーストは、過ごしやすい環境だと思います。このような施設を使えるようになり、社会全体がすごくフラット(平ら)になってきたと実感しています。

 そんな僕らが今、目前に控えているのは東京パラリンピック予選を兼ねたアジア・オセアニア選手権(29日~12月7日、タイ・パタヤ)です。男子は14カ国・地域が出場し、パラリンピック切符を争います。日本には開催国枠がありますが、しっかりと優勝し、東京パラリンピックで、本気でメダルを取ると宣言できる大会にしたい。世界の中での日本の位置を知る意味でも重要な大会です。

 4年前の大会は千葉で開催されました。試合会場は、いつも練習している千葉ポートアリーナ。お客さんがたくさん来て、運営に関わってくれる人も含め、ホームで試合をしているという感覚が強かったです。ライバルは韓国でした。日本が韓国に敗れてきた歴史を先輩たちから聞いており、チーム全体の熱量も非常に高かった。ホームでの応援などがプラスになったと思います。今回はタイでの開催で、前回の経験を生かし、さまざまな状況で的確な判断をできるようになりたいと思います。(あすは車いすラグビーの倉橋香衣です)(タイトルは自筆)


 Q ラグビー・ワールドカップで日本が8強入りしましたが、どのように感じましたか。

 A 一言で表現すれば、尊敬します。簡単なことではなく、単純にすごいと思います。一朝一夕で成し遂げられることではなく、関わったスタッフも含めてどれだけの鍛錬を積んだのか、計り知れません。

 ルールをよく知らないファンの方もいたと思いますが、選手たちの思いや熱量を感じて、この盛り上がりが作られたのだと思います。

 最近はバスケットボールや陸上、バドミントンなどいろいろな競技で、日本選手が世界で通用することを示しています。東京パラリンピックでは、僕らが車いすバスケで証明したいと思います。


 ■人物略歴

鳥海連志(ちょうかい・れんし)氏

 長崎市出身。手や脚に先天性の障害があり、3歳で両膝下を切断。中学1年で車いすバスケットボールを始め、高校1年で日本代表入りした。2016年リオデジャネイロ・パラリンピック代表。17年のU23(23歳以下)世界選手権でベスト5(優秀選手)に選ばれた。WOWOW所属。20歳。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです