メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠い真相

学校事件事故/4 横浜・静岡、行事中に死亡・障害 事実なぜ調べぬ 被害家族「解明の仕組みを」

松田伶那さんの遺影を前に「事実を知りたい」と話す松田容子さん=横浜市で、吉川雄策撮影

 「子供が死んだのに調べてもらえなかったのは衝撃的だった」。2013年2月、小学校行事の卒業旅行中に6年生の長女伶那(れいな)さん(当時12歳)を亡くした横浜市の松田容子さん(50)は、毎日新聞などの学校事故調査のアンケートにこう回答した。

 13年2月20日午後4時過ぎ、長野県のスキー場にいた伶那さんの急変を知らせる電話は突然だった。「雪の中で倒れました」。約5時間後に夫と病院に着いたが、間に合わなかった。娘の手はまだ温かく、柔らかかった。

 その夜に学校から受けた説明では、宿の前でそり遊びをしていて突然「疲れた」と座り込み、友人が気付いた時には倒れていたという。医師の診断は心不全だった。

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 座して死なないために我々ができること 3Dプリンターで人工呼吸器の代替器

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです