メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠い真相

学校事件事故/4 横浜・静岡、行事中に死亡・障害 事実なぜ調べぬ 被害家族「解明の仕組みを」

松田伶那さんの遺影を前に「事実を知りたい」と話す松田容子さん=横浜市で、吉川雄策撮影

 「子供が死んだのに調べてもらえなかったのは衝撃的だった」。2013年2月、小学校行事の卒業旅行中に6年生の長女伶那(れいな)さん(当時12歳)を亡くした横浜市の松田容子さん(50)は、毎日新聞などの学校事故調査のアンケートにこう回答した。

 13年2月20日午後4時過ぎ、長野県のスキー場にいた伶那さんの急変を知らせる電話は突然だった。「雪の中で倒れました」。約5時間後に夫と病院に着いたが、間に合わなかった。娘の手はまだ温かく、柔らかかった。

 その夜に学校から受けた説明では、宿の前でそり遊びをしていて突然「疲れた」と座り込み、友人が気付いた…

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです