特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「桜を見る会」 自公幹部会談が招待範囲など検討で一致

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「桜を見る会」で招待客たちと記念撮影する安倍晋三首相夫妻(中央右)=東京都新宿区の新宿御苑で2019年(平成31年)4月13日、喜屋武真之介撮影
「桜を見る会」で招待客たちと記念撮影する安倍晋三首相夫妻(中央右)=東京都新宿区の新宿御苑で2019年(平成31年)4月13日、喜屋武真之介撮影

 自民、公明両党は13日午前の幹事長・国対委員長会談で、首相主催で毎年春に開かれる「桜を見る会」について、招待範囲や選定基準の明確化を検討すべきだとの方針で一致した。

 桜を見る会を巡っては、安倍晋三首相の後援会関係者が多数出席していると野党が批判し、菅義偉官房長官が12日、招待範囲などについて政府と…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集