特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今年の「桜を見る会」で来場者と握手をして回る安倍晋三首相(右)=東京都新宿区の新宿御苑で2019年4月13日(代表撮影)
今年の「桜を見る会」で来場者と握手をして回る安倍晋三首相(右)=東京都新宿区の新宿御苑で2019年4月13日(代表撮影)

 公的行事であるはずの「桜を見る会」に、自民党議員や閣僚が恣意(しい)的に自身の支援者を呼べる「招待枠」があったのではないかとの疑惑が渦巻いている。菅義偉官房長官は来春の会の中止を発表した13日の記者会見で、与党にも参加者の「推薦依頼」をしていることを認めた。「枠」があった疑いはより強まった。【吉井理記、大場伸也/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1330文字(全文1501文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集