東大寺学園で教諭が生徒19人に体罰 修学旅行先で 処分へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 奈良市の東大寺学園中・高校の40代男性教諭が7月上旬、修学旅行先で就寝時間を守らなかった高校2年生19人に対し、ほおを平手打ちするなどの体罰を加えていたことが同校への取材で判明した。いずれもけがはなかったというが、同校は教諭を処分する方針。

 同校によると、旅行中、北海道富良野市のホテルで宿泊した際…

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文324文字)

あわせて読みたい

注目の特集