かるたで遊びながら学ぶ「iPS細胞」京大が商品化、全国書店で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都大iPS細胞研究所が製作した「iPS細胞かるた」=京都市左京区で2019年11月13日、菅沼舞撮影
京都大iPS細胞研究所が製作した「iPS細胞かるた」=京都市左京区で2019年11月13日、菅沼舞撮影

 再生医療への実用化が期待されるiPS細胞(人工多能性幹細胞)への理解を深めてもらおうと、京都大iPS細胞研究所は「iPS細胞かるた」を作った。

 3年前に開発した「幹細胞かるた」を再編。ホームページからイラストをダウンロードして自作する形式だったが、要望を受け、絵札に詳しい解説をつけて商品化した。

 「初期化して 獲得できる 多能性」(「…

この記事は有料記事です。

残り76文字(全文245文字)

あわせて読みたい

注目の特集