メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

来年度の「桜を見る会」の中止について記者団の質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で2019年11月13日午後6時44分、川田雅浩撮影

 菅義偉官房長官は13日の記者会見で、首相主催で毎年春に新宿御苑で開かれる「桜を見る会」について、招待基準や参加者数などを見直すため、2020年の開催を中止すると発表した。21年以降は予算や招待者を削減した上で再開する方針だ。第2次安倍内閣発足後に支出や参加者が増えた上、安倍晋三首相の後援者が多数参加したことが明らかになり、「公的行事の私物化」との批判が出ていた。政府は「見直し」を前面に出すことで野党の批判をかわし、早期の幕引きを図る考えだ。

この記事は有料記事です。

残り2870文字(全文3093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今年の漢字は「令」 清水寺で揮毫

  2. 「勉強教える」 小学校内で児童にわいせつ疑い 講師を逮捕 大阪・門真

  3. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  4. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  5. 和泉首相補佐官、出張中に私的観光 官房長官「私費で移動」問題視せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです