イニエスタ選手が小学生100人を指導 神戸

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「子どもたちと一緒にサッカーを楽しみたい」と語るイニエスタ選手=神戸市中央区の神戸学院大ポートアイランドキャンパスで2019年11月13日、中尾卓司撮影
「子どもたちと一緒にサッカーを楽しみたい」と語るイニエスタ選手=神戸市中央区の神戸学院大ポートアイランドキャンパスで2019年11月13日、中尾卓司撮影

 サッカーJ1・ヴィッセル神戸の元スペイン代表、アンドレス・イニエスタ選手が指導するサッカーアカデミーの特別イベント「イニエスタ メソドロジー スペシャルエディションin神戸」(楽天主催、神戸学院大協賛)が13日、神戸市中央区の神戸学院大ポートアイランドキャンパスであり、小学生約100人が参加した。憧れのイニエスタ選手と一緒にボールを蹴った小学生は「めっちゃ、かっこよかった」と喜びを表現していた。

 スペインの名門チーム・バルセロナやスペイン代表で経験を積み重ねたイニエスタ選手が世界トップレベルの技術を次世代に伝える取り組みを展開。サッカーアカデミーは「イニエスタの方法論」を意味する「イニエスタ メソドロジー」と名付けられている。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文566文字)

あわせて読みたい

注目の特集