メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カーリング男子・両角友 新チームで軽井沢国際選手権出場、盟友と激突へ

新チーム「TM軽井沢」のメンバーとして臨む軽井沢国際選手権への意気込みを語る両角友佑=長野県軽井沢町の軽井沢アイスパークで2019年11月13日午前11時8分、岩壁峻撮影

 昨年の平昌冬季五輪カーリング男子日本代表で、5月に新チームを結成した両角友佑(34)が、12月に地元の長野県軽井沢町で行われるワールドツアー、軽井沢国際選手権に2年ぶりに出場する。五輪後にいったん選手の立場を離れただけでなく、所属先も退団。環境を一新して慣れ親しんだ大会に臨む。13日の記者会見では「一つ一つの大会で着実に結果を残していきたい」と力を込めた。

 両角友は昨年、SC軽井沢クのスキップとして日本男子5大会ぶりの五輪出場を果たし、8位入賞。五輪を終…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文983文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです