メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーU22日本代表に久保建合流「アピールが大事」

サッカーU22日本代表合宿で笑顔を見せる(左から)久保建、橋岡、堂安ら=広島市内で2019年11月13日午後4時26分、福田智沙撮影

 サッカー日本代表の久保建英(マジョルカ)が13日、広島市内で行われている東京五輪世代のU22(22歳以下)日本代表の合宿に合流した。6月以降はフル代表に定着していたが、今回は堂安律(PSVアイントホーフェン)らとU22代表に入った。久保建は「知ってる顔ばかり。切磋琢磨(せっさたくま)して、お互い遠慮せずにいろんなことを言っていけたら」と話した。

 U22日本代表は17日に広島市で国際親善試合のコロンビア戦に臨む。久保建がこの世代でプレーするのは3月のU23(23歳以下)アジア選手権予選以来。東京五輪については「あまり考えていない」とそっけないが、一方で「今回は自分がニューフェース。アピールが大事」と意欲も見せる。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです