メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今永、幻惑投球でメキシコ打線手玉に 初黒星から切り替え「楽しく」

【日本-メキシコ】力投する日本の先発・今永=東京ドームで2019年11月13日、大西岳彦撮影

 国際大会「第2回プレミア12」は13日、東京ドームで2次ラウンド2試合が行われ、日本代表「侍ジャパン」(1次ラウンドB組1位)はメキシコ(A組1位)を3―1で破り、2次ラウンドの対戦成績を3勝1敗としてメキシコと並んだ。

「やっぱり、日本は野球が強くなければ」

直球で押して良し、変化球で崩しても良し。日本の先発・今永(DeNA)がメキシコ打線を手玉に取った。六回まで許した安打はわずかに1本で、毎回の8奪三振。敗れれば決勝進出が遠のくチームを救った。

 「ブルペンではあまり調子が良くなかった」というが、捕手の会沢のリードに助けられてきっちり修正した。直球やチェンジアップを軸に、緩いカーブもアクセントに加えて相手を幻惑した。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  5. ウーバーイーツ、広島上陸 中国初、国内11カ所目 50カ国語に対応 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです