メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今永、幻惑投球でメキシコ打線手玉に 初黒星から切り替え「楽しく」

【日本-メキシコ】力投する日本の先発・今永=東京ドームで2019年11月13日、大西岳彦撮影

 国際大会「第2回プレミア12」は13日、東京ドームで2次ラウンド2試合が行われ、日本代表「侍ジャパン」(1次ラウンドB組1位)はメキシコ(A組1位)を3―1で破り、2次ラウンドの対戦成績を3勝1敗としてメキシコと並んだ。

「やっぱり、日本は野球が強くなければ」

直球で押して良し、変化球で崩しても良し。日本の先発・今永(DeNA)がメキシコ打線を手玉に取った。六回まで許した安打はわずかに1本で、毎回の8奪三振。敗れれば決勝進出が遠のくチームを救った。

 「ブルペンではあまり調子が良くなかった」というが、捕手の会沢のリードに助けられてきっちり修正した。直球やチェンジアップを軸に、緩いカーブもアクセントに加えて相手を幻惑した。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  2. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  3. 東京オリンピックのモニュメント再設置 整備終え、5色のマーク到着 東京・お台場

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです