メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂本勇、急きょ2番で初回好機演出 二盗決め黒星トラウマ乗り越える

【日本-メキシコ】二回裏日本1死一、二塁、坂本勇が左前適時打を放つ=東京ドームで2019年11月13日、大西岳彦撮影

 野球の東京五輪予選を兼ねた国際大会「第2回プレミア12」は13日、東京ドームで2次ラウンド2試合が行われ、日本代表「侍ジャパン」(1次ラウンドB組1位)はメキシコ(A組1位)を3―1で破り、2次ラウンドの対戦成績を3勝1敗としてメキシコと並んだ。

 

 4番の鈴木を除いて前日(12日)の米国戦から打線を大幅に入れ替え、メキシコ戦に臨んだ日本の稲葉監督。それが、2次ラウンドが開幕して3試合目で初めてとなる先制点に結びついた。特に光ったのが、坂本勇…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです