メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古代文字を歩く

/3 ISに脅かされた研究 シリア -パルミラに命かけて-

ISの攻撃で破壊されたパルミラ遺跡の凱旋門のアーチ=シリア中部パルミラで2017年12月18日、篠田航一撮影

 紛争やテロが絶えない中東では「古代」も危険にさらされる。内戦が続くシリア中部の砂漠地帯にある古代都市遺跡・パルミラ。記者が2017年12月に訪ねたとき、その無残な姿に驚いた。【カイロ篠田航一】

 古代ローマ時代の凱旋(がいせん)門は崩落し、神殿は破壊され、がれきが散乱していた。過激派組織「イスラム国」(IS)が破壊した跡だ。

 パルミラはシルクロードの東西交易で紀元前1~紀元後3世紀ごろに栄えた隊商都市。1980年、遺跡は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に指定された。

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです