メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古代文字を歩く

/3 ISに脅かされた研究 シリア -パルミラに命かけて-

ISの攻撃で破壊されたパルミラ遺跡の凱旋門のアーチ=シリア中部パルミラで2017年12月18日、篠田航一撮影

 紛争やテロが絶えない中東では「古代」も危険にさらされる。内戦が続くシリア中部の砂漠地帯にある古代都市遺跡・パルミラ。記者が2017年12月に訪ねたとき、その無残な姿に驚いた。【カイロ篠田航一】

 古代ローマ時代の凱旋(がいせん)門は崩落し、神殿は破壊され、がれきが散乱していた。過激派組織「イスラム国」(IS)が破壊した跡だ。

 パルミラはシルクロードの東西交易で紀元前1~紀元後3世紀ごろに栄えた隊商都市。1980年、遺跡は国…

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです