メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古代文字を歩く

/3 ISに脅かされた研究 シリア -パルミラに命かけて-

ISの攻撃で破壊されたパルミラ遺跡の凱旋門のアーチ=シリア中部パルミラで2017年12月18日、篠田航一撮影

 紛争やテロが絶えない中東では「古代」も危険にさらされる。内戦が続くシリア中部の砂漠地帯にある古代都市遺跡・パルミラ。記者が2017年12月に訪ねたとき、その無残な姿に驚いた。【カイロ篠田航一】

 古代ローマ時代の凱旋(がいせん)門は崩落し、神殿は破壊され、がれきが散乱していた。過激派組織「イスラム国」(IS)が破壊した跡だ。

 パルミラはシルクロードの東西交易で紀元前1~紀元後3世紀ごろに栄えた隊商都市。1980年、遺跡は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に指定された。

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです