連載

アジア文学への招待

アジアの文学作品や作家、出版状況などを随時紹介します。

連載一覧

アジア文学への招待

韓国ブックフェス 増える翻訳、広がる選択肢

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
終日にぎわったブックマーケット=東京都千代田区の出版クラブビルで9日
終日にぎわったブックマーケット=東京都千代田区の出版クラブビルで9日

 韓国の本や文学の魅力を体感するイベント「K―BOOKフェスティバル」(同実行委主催)が9日、東京都千代田区の出版クラブビルで開催された。日韓両国の出版社、書店計23社・店舗と雑貨店などが参加。本の販売や作家、翻訳家によるトークプログラムが組まれ、1100人以上が足を運んだ。各社のブースでは小説やエッセー、絵本、語学教材を手に取り、店主らとやりとりする韓国文学のファンの姿が終日見られた。

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1551文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集