メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア文学への招待

韓国ブックフェス 増える翻訳、広がる選択肢

終日にぎわったブックマーケット=東京都千代田区の出版クラブビルで9日

 韓国の本や文学の魅力を体感するイベント「K―BOOKフェスティバル」(同実行委主催)が9日、東京都千代田区の出版クラブビルで開催された。日韓両国の出版社、書店計23社・店舗と雑貨店などが参加。本の販売や作家、翻訳家によるトークプログラムが組まれ、1100人以上が足を運んだ。各社のブースでは小説やエッセー、絵本、語学教材を手に取り、店主らとやりとりする韓国文学のファンの姿が終日見られた。

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです