関電受領で注目 金、根強い人気

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
金貨と金の延べ棒 =大阪市中央区で2019年10月16日、小出洋平撮影
金貨と金の延べ棒 =大阪市中央区で2019年10月16日、小出洋平撮影

令和も金が好きよのう

 受け取った菓子折りの下に金貨が入っていた――。関西電力幹部の金品受領問題では、金(ゴールド)製の硬貨や小判が贈り物になっていた事実が発覚し、インターネット上では「まるで時代劇の悪代官みたい」などと話題になった。あまり目にしないものだが、金は価値が高くかさばらないため、贈答品や資産運用先として人気がある。知れば金に魅せられる?【宮崎稔樹】

 店内の明かりが反射して周りがよく見えなかった。黒い風呂敷の上に金の延べ棒(縦113ミリ、横52ミリ、厚さ10ミリ)が並んでいた。メーカーのマークや金の純度、偽物かどうかを見抜くための「地金番号」などが刻まれている。1本を手に取って重さに驚いた。99・99%純金で1キロ。相場価格は約570万円だという。

この記事は有料記事です。

残り1341文字(全文1673文字)

あわせて読みたい

注目の特集