メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪ねてみました

大阪府立中央図書館国際児童文学館=東大阪市荒本北1 マンガや絵本82万点

地下の書庫に貴重な漫画を収蔵する国際児童文学館=東大阪市で、木葉健二撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 希少本から最新刊まで子供本の宝庫として、全国最大級の約82万点(資料含む)を所蔵する「大阪府立中央図書館国際児童文学館」(東大阪市荒本北1)。吹田市から移転し、再オープンして来年で10年になる。小春日和の今月初旬、国内外の童話やマンガなど膨大な活字と絵が渦巻く空間に身を浸した。【有本忠浩】

 屋外の小さな庭園のベンチに老夫婦が寄り添っていた。買い物帰り。「日差しが穏やかなので一休みしているんです」。のどかな時の中に中央図書館と隣り合わせの国際児童文学館があった。

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「笑点」公開収録を当面中止 新型コロナ感染拡大影響で 日本テレビが発表

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 世界最高齢117歳・福岡の田中さんが聖火ランナーに 車いすで参加か

  4. 「死ぬ気がせん」116歳田中カ子さんにケーキ 敬老の日を前に 最高齢ギネス認定

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです