メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ジビエ」を料理に有効活用 神戸・あいな里山公園で集い 来月1日に試食会も /兵庫

「里山deスペシャルジビエの集い」でシカ肉などの料理を紹介する中西次郎さん=神戸市北区のあいな里山公園で、木田智佳子撮影

 食材としての野生鳥獣「ジビエ」の魅力を広め、地産地消につなげようと、神戸市北区のあいな里山公園でイベント「里山deスペシャルジビエの集い」が開かれた。中学生から中高年まで24人が参加。県内で捕獲されたシカやイノシシの肉料理を味わい、ジビエの活用について知識を深めた。

 同公園は今夏から、里山の生き物と人との共存のあり方を探るプログラムを展開している。県によると、野生鳥獣が田畑などを荒らす農林業被害額5億200万円(2017年度)のうち、7割をシカとイノシシが占める。捕獲後に廃棄されるケースも多いが、シカは高たんぱく、低脂肪で鉄分豊富なため、食用など有効活用に向けた取り組みが各地で進んでいる。

 集いでは、さまざまなジビエメニューを考案している大阪府高槻市のレストラン店主、中西次郎さん(70)…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 頭に10カ所、両足の裏に40カ所の傷…結愛ちゃん虐待 詳細明らかに

  2. 日本馬3頭がG1制覇! 香港競馬最大の祭典「国際競走」 恒例の花火中止も盛況

  3. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  4. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  5. ORICON NEWS 鈴木愛理、結婚で“同姓同名”の畠山愛理を祝福「なかなかない奇跡が嬉しい!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです