メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、桜を見る会中止 招待基準・数見直し 来春

安倍事務所が出した「桜を見る会」の案内文書の写し(画像の一部を加工しています)

 菅義偉官房長官は13日の記者会見で、首相主催で毎年春に東京・新宿御苑で開かれる「桜を見る会」について、招待基準や参加者数などを見直すため、2020年の開催を中止すると発表した。21年以降は予算や招待者を削減した上で再開する方針だ。第2次安倍内閣発足後に支出や参加者が増えた上、安倍晋三首相の後援者が多数参加したことが明らかになり、「公的行事の私物化」との批判が出ていた。政府は「中止」を打ち出すことで野党の批判をかわし、早期の幕引きを図る考えだ。【秋山信一、宮原健太】

 菅氏は会見で、招待者について各省庁からの推薦以外に「内閣官房が首相や副総理、官房長官、官房副長官、与党に推薦依頼を行っていた」と明らかにし、首相や自民、公明両党の議員らが後援者を招待する余地があったことを認めた。「長年の慣行で行ってきた」と説明した上で、招待基準の不透明さや経費の増加などが批判されていることについて「真摯(しんし)に受け止め、いったん整理した上で行うのがよいとの結論に至った」と述…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1253文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. ボンドのスタイル決定づけ 深みと陰影の演技派に脱皮 ショーン・コネリーさん死去

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. 野村克也さんが死去 84歳 戦後初の3冠王、ID野球で3度日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです