メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

桜を見る会 私物化批判、首相直撃 沈静化狙い中止即断

「桜を見る会」の今年の開催要領

 首相主催の「桜を見る会」について、政府が来年の開催を中止したのは、閣僚を巡る疑惑や大学入学共通テストの英語民間試験の活用でもみられた事態収拾策だ。ただ、桜を見る会に関しては安倍晋三首相自身が標的となっているだけに、特に「即断」を迫られた。【野口武則】

 菅義偉官房長官が中止を公表したのは午後4時過ぎからの定例記者会見だった。その約2時間前、複数の与党幹部に菅氏から電話が入った。

 「与党でご指摘いただいた趣旨に沿って基準の見直しをするので、来年は中止にします」

この記事は有料記事です。

残り2583文字(全文2814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです