メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

英のEU離脱と香港デモ 帰属めぐる人々の苦悩=政策研究大学院大学長・田中明彦

香港大学でデモに参加する学生=6日、AP

 イギリスのEU離脱(BREXIT)問題と、香港で続く抗議行動は、それぞれ現代世界の困難を象徴する大問題である。いずれも、世界のなかで個人が帰属する存在とは何なのかを鋭く問い詰める問題だからである。2016年に行われた国民投票で、イギリス人の過半数は、EUに帰属し続けることは望まないとの投票を行った。香港で抗議デモに参加している人々は、今のままでは香港から自由が奪われてしまうと真剣に憂慮している。

 現代の世界において、個人は組織に帰属することによって生活している。会社や学校や市民団体や地方自治体などさまざまな帰属先がありうるが、そのなかで通常最も基本的と想定されるのは国である。世界が国際社会といわれることが多いのは、世界が国々から構成されていると見なされているからである。

この記事は有料記事です。

残り2692文字(全文3032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 政府、2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ 欧米中の動きに対抗

  5. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです