メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

舞台芸術の流れ変える場誕生=宮城聰 演出家・東京芸術祭総合ディレクター

 この秋の東京の舞台芸術界で二つ、画期的な出来事があった。一つは池袋に竣工(しゅんこう)した新たな劇場群、もう一つは東京芸術祭ワールドコンペティションの開催である。

 東京芸術祭については、僕は総合ディレクターという立場なので何を書いても手前みそになってしまうが、でも本当に歴史的な事件だったのでここで述べさせていただきたい。

 まず「東京芸術祭」とは、毎年10~11月に豊島区エリアを中心に開催される舞台芸術フェスティバルで、以前から秋に開催されていた東京都や豊島区の舞台芸術イベント5事業を糾合したものである。東京芸術祭という名称は2016年から使われるようになったが、実質的にスタートしたのは、まだ昨年のことだ。

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです