メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

舞台芸術の流れ変える場誕生=宮城聰 演出家・東京芸術祭総合ディレクター

 この秋の東京の舞台芸術界で二つ、画期的な出来事があった。一つは池袋に竣工(しゅんこう)した新たな劇場群、もう一つは東京芸術祭ワールドコンペティションの開催である。

 東京芸術祭については、僕は総合ディレクターという立場なので何を書いても手前みそになってしまうが、でも本当に歴史的な事件だったのでここで述べさせていただきたい。

 まず「東京芸術祭」とは、毎年10~11月に豊島区エリアを中心に開催される舞台芸術フェスティバルで、以前から秋に開催されていた東京都や豊島区の舞台芸術イベント5事業を糾合したものである。東京芸術祭という名称は2016年から使われるようになったが、実質的にスタートしたのは、まだ昨年のことだ。

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです