メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

インフラ政策の議論を=ブレイディみかこ・ライター

 台風に伴う記録的大雨の被害を受け、防災インフラの問題に焦点が当たった。10月18日毎日新聞の寄稿コラム・経済観測「基準を超えた防災対策」は、日本は国家予算を投じてインフラを整備し河川の氾濫から人々を守ってきたが、「30年近く前には河川の整備に一区切りがつき、予算の投入も減少に転じていた」と解説。しかし「過去、営々と築き上げた防災インフラの基準では、毎年のようにその規模と激しさが更新される自然災害に対応できなくなっているのではないか」と指摘した。

 他方、同じ日に、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の記事があり、財務省や有識者は「ハザードマップの活用や避難計画の準備などソフト面での対策の重要性を強調」したという。河川は氾濫するものだから、うまく逃げてね、ということなのだろうか。治水関連以外のインフラ施設についても「『将来の人口や交通需要の減少を見据え、既存施設の使い方を改善する必要がある』とした」という。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文845文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです