メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポスト5G、応用技術で巻き返し 中韓勢に対抗、米欧と連携へ 政府、特許取得など支援

ポスト5Gで応用が期待されるサービス

 政府は次世代通信規格「5G」の普及後を見据え、米欧企業などとも連携した技術開発の支援に乗り出す。5Gの基礎技術で日本企業は中国や韓国企業に水をあけられており、自動運転など5Gの応用技術が問われる「ポスト5G」の分野で巻き返しを図りたい考え。12月上旬をめどにまとめる経済対策で1000億円超の支援策を盛り込むことを検討している。【加藤明子】

 「ポスト5Gの半導体、情報通信システムは我が国の競争力の核となる。国家プロジェクトを検討する必要がある」。安倍晋三首相は10月29日、政府の未来投資会議でこう強調し、各省庁に具体策の検討を指示した。

この記事は有料記事です。

残り1214文字(全文1485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです