メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠い真相

学校事件事故/5止 福井・鹿児島 中学生、教師の指導苦に自殺 息子の死、忘れないで

鹿児島県奄美市で中学1年だった息子を自殺で亡くした父(奥)の話を聞く佐賀大の学生たち=樋口岳大撮影

 福井県池田町の町立中で2017年3月14日、教師から繰り返し厳しい叱責を受けていた2年の男子生徒(当時14歳)が、校舎から飛び降りて命を絶った。しかし、今年2月に町が再発防止を目指して改定したはずの教育大綱には、遺族にとって具体策と思えるものがなく、目を通した母は「息子の姿が見えない」と感じた。

 町教委が設置した第三者委員会は17年9月に報告書をまとめた。いずれも当時30代の担任の男性教諭と、副担任の女性教諭の指導を問題視し「生徒は厳しい指導叱責にさらされ続け、孤立感、絶望感を深め、自死に至った」と結論付けた。

 報告書によると、担任が男子生徒を叱責するのを見た別の生徒は「身震いするくらい、すごい怒鳴っていた」と証言。副担任の指導では過呼吸を訴え、土下座をしようとしたこともあったが、担任はそれを知りながら保護者らに伝えなかった。他の教員も生徒を救おうとせず、第三者委は「学校の対応に問題があった」とした。

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1231文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです