メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良の柿PRレディが首相表敬 「桜」あきらめ旬の味覚に満面の笑み

「奈良の柿PRレディ」から贈られた柿を食べる安倍晋三首相(右)=首相官邸で2019年11月14日午後1時51分、川田雅浩撮影

[PR]

 安倍晋三首相は14日、首相官邸で「奈良の柿PRレディ」の朝倉理恵さんと平尾かおりさんの訪問を受けた。首相は熟した大ぶりの柿を口にし、「ジューシーかつ、こくのある甘さだ」と満面の笑みを浮かべた。

 不透明な招待基準が国会で問題視された「桜を見る会」の一時中止を決め、来年の「花見」を早々に諦めた首相だが、この時ばかりは旬の味覚に国会の騒々しさを忘れたようだ。

 首相は毎年、同レディの訪問を受け、感謝の気持ちを俳句で表してきた。今年は「柿食えば 令和輝く 奈良のまち」。朝倉さんは表敬後、「前向きな一句をいただきました」とほほえんだ。【堀和彦】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです