特集

日本国憲法

日本国憲法は、1947年の施行から74年を迎えました。改憲手続きや、内容を巡る議論を追います。

特集一覧

維新、憲法審で立憲と山尾氏の「不一致」追及 議論参加狙い揺さぶり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院憲法審査会で自由討議をする野党議員ら=国会内で2019年11月14日午前10時54分、川田雅浩撮影
衆院憲法審査会で自由討議をする野党議員ら=国会内で2019年11月14日午前10時54分、川田雅浩撮影

 14日の衆院憲法審査会で、日本維新の会の馬場伸幸氏は、憲法改正を巡る立憲民主党の姿勢の「不一致」を突いた。立憲は改憲に慎重だが、山尾志桜里氏は前回の自由討議で「手続き(国民投票法改正案)の議論と合わせ、憲法の中身に入るべきだ」と発言。馬場氏は「党を背負っての発言と解するが、見解を」と迫った。

 これに対し、立憲の山花郁夫・野党筆頭幹…

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文355文字)

【日本国憲法】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集