特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「桜を見る会」で招待客たちと記念撮影する安倍晋三首相夫妻(中央右)=東京都新宿区の新宿御苑で2019年4月13日、喜屋武真之介撮影
「桜を見る会」で招待客たちと記念撮影する安倍晋三首相夫妻(中央右)=東京都新宿区の新宿御苑で2019年4月13日、喜屋武真之介撮影

 「アイドルのファンミーティングみたいだった」。「税金の私物化だ」と批判が高まっている首相主催の「桜を見る会」に複数回参加したことのある、安倍晋三首相の後援会関係者の男性が14日、毎日新聞の取材に応じた。東京都内在住の自営業の男性で、当日の様子や地元の事情を打ち明けた。【江畑佳明/統合デジタル取材センター】

 男性は今春の「桜を見る会」に、家族と一緒に出向いた。自身に招待状が届き、安倍政権になってから毎年足を運んでいるという。

 会場に到着すると、招待状を示せば入場できる。身分証の提示などは求められず、本人確認は行われなかった。ただ、かばんを開けて係員に見せるなど、所持品のチェックはあった。

 「参加者が年々増えてきている」。男性はそう感じた。見渡せば政治家が「ああ、いつもどうも」といったあいさつをしていて、テレビで見たことのある芸能人や有識者らしき人の姿が目に入った。晴れの場ということもあり、参加者はほとんどが正装。男性もスーツ姿で、「華やいだ雰囲気が漂っていた」と振り返る。あちこちで写真撮影が行われていた。

 屋台のようなところで焼き鳥などがふるまわれ、行列ができていた。日本酒や紙コップ入りのお茶があり、箱入りのお菓子も置かれ、お土産用に持ち帰る人もいたという。男性はあまり飲酒しないため、焼き鳥を少し食べてお茶を飲んだという。

 「当日の安倍首相は本当に忙しそうだった」…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1267文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集