メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「招待客リスト、5月に廃棄」桜を見る会 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報

衆院で開かれた野党合同ヒアリング=東京都千代田区で、2019年11月14日午後4時49分、塩田彩撮影

 批判がやまない首相主催の「桜を見る会」は来年の開催中止が決まったが、14日も引き続き野党による政府に対する合同ヒアリングが衆院で開かれた。主な一問一答は次の通り。【塩田彩/統合デジタル取材センター】

黒岩宇洋衆院議員(立憲民主) 私たちが解明すべきは税金の無駄遣い、私物化にとどまることなく、本丸は、総理自身にかかっている二つの違法疑惑。一つは政治資金規正法違反の不記載。今回、前夜祭の会費は5000円。当該ホテルに確認すると最低でも1人1万1000円かかる。差額供与に当たるのではないか。少なくとも5000円集めたものが当該ホテルに払われていなければいけないのに、後援会支出が書かれていない。不記載に当たると。

 そして公職選挙法違反。先ほど申し上げた差額供与や寄付に当たるのではないか。

この記事は有料記事です。

残り2749文字(全文3093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです