メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7~9月GDP 年率換算0.2%増 増税前の駆け込み需要で押し上げ

内閣府が入る合同庁舎=東京都千代田区霞が関で、竹内紀臣撮影

 内閣府が14日発表した2019年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価の変動を除いた実質で前期比0・1%増、この状態が1年続いた場合の年率換算で0・2%増となった。プラス成長は4四半期連続。10月の消費税率引き上げ前の駆け込み需要などで個人消費が全体を押し上げたが、米中貿易摩擦の影響などで輸出が低調だった。

 前回2014年4月の増税時は、駆け込み需要を主因に同年1~3月期が年率3・9%増となった後、4~6月期は反動減で年率7・3%減の大幅なマイナス成長になった。当時と比べ今回の増税前の上昇幅は小幅にとどまった。ただ、10~12月期はマイナス成長に落ち込むとの見方が出ている。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文868文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  4. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  5. 枝野氏、政権構想の私案を発表 目指すは「支え合う社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです