メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パウエルFRB議長「現行政策は適切」利下げ停止示唆

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は13日、米議会上下両院合同経済委員会で「現在の金融政策は適切である可能性が高い」と証言し、政策金利を当面維持して経済情勢の推移を見極める姿勢を示した。金融市場ではFRBが「2020年末まで現行金利を据え置く」との見方が広がっている。

 FRBは今年7~10月、米中貿易戦争や世界経済減速による景気悪化リスクを緩和するための「予防的利下げ」を3会合連続で実…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 任天堂、スイッチ国内出荷を一時停止 外出自粛で需要増に生産追いつかず

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです