メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パウエルFRB議長「現行政策は適切」利下げ停止示唆

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は13日、米議会上下両院合同経済委員会で「現在の金融政策は適切である可能性が高い」と証言し、政策金利を当面維持して経済情勢の推移を見極める姿勢を示した。金融市場ではFRBが「2020年末まで現行金利を据え置く」との見方が広がっている。

 FRBは今年7~10月、米中貿易戦争や世界経済減速による景気悪化リスクを緩和するための「予防的利下げ」を3会合連続で実…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです