メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「一つの巨大窓口、あらゆるサービス」ヤフーLINEが狙う世界挑戦の布石

 ZHDとLINEの統合で期待されるのは、利用者が増えるほど便利さが増す「ネットワーク効果」だ。消費者は一つの窓口で多くのサービスを利用できるようになる可能性が高い。

 ZHDは検索・メディア事業、LINEは通信アプリ事業が中核だが、近年は両社ともスマホ決済などの金融関連事業への進出を急いでいる。MMD研究所の調査によると、スマホ決済の利用率(9月末)はペイペイがシェア44・2%、楽天ペイ17・1%、LINEペイ13・6%と続き、3社で市場の約7割を占める。LINEペイの登録者数は3690万人(9月末)で、ペイペイは1900万人(10月末)。公正取引委員会の審査を通ることが前提だが、統合によってこの分野で圧倒的に優位な立場になる見通しだ。

 国内EC市場への影響にも注目が集まっている。日本貿易振興機構(ジェトロ)の調査では、16年の国内ECサイトのシェアはアマゾン・コム20・2%、楽天20・1%で、ヤフーは8・9%にとどまった。19年3月期のヤフーの商品取扱高は約2兆3000億円。楽天はヤフーを1兆円以上上回り、アマゾンはさらに上を行くとみられている。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党「予備費10兆円」を批判 共産・志位氏「国会軽視というより国会無視」

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです