メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDPわずかにプラス 増税で10~12月期マイナスも 7~9月速報値

「予約販売」で値引きキャンペーンを展開するイオンの家電売り場=東京都品川区で2019年11月11日午前9時25分、深津誠撮影

 内閣府が14日発表した2019年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価の変動を除いた実質で前期比0・1%増、この状態が1年続いた場合の年率換算で0・2%増となった。4四半期連続のプラス成長を維持したものの、プラス幅は小幅にとどまった。10~12月期は10月の消費税増税を受けマイナス成長も予想されており、景気の先行きは予断を許さない状況だ。

 7~9月期のGDPでは、消費税増税前に高額品や大型家電を中心に駆け込み需要が発生したため、個人消費は0・4%増となった。一方、輸出は0・7%減。米中貿易戦争の影響に加え、日韓関係の悪化による韓国人旅行客の減少で訪日観光客の消費が振るわず景気を下押しした。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  5. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです