メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝説の巨人「弥五郎どん」威風堂々 鳥居くぐり練り歩く 鹿児島・曽於岩川八幡神社

祭りのハイライトの「弥五郎どんの鳥居くぐり」=新開良一撮影

 鹿児島県無形民俗文化財の「弥五郎どん祭り」が、同県曽於市大隅町の岩川八幡神社であった。神社の祭神とされる身の丈4・85メートルの伝説の巨人「弥五郎どん」が鳥居をくぐり、市街地を威風堂々と練り歩いた。

 竹などで組まれた巨体は全身に梅染めの着物をまとい、太い眉にいかつい大きな目が特徴だ。弥五郎どんは隼…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の複数選手、新型コロナ感染が判明 2選手か 練習試合中止

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. 北九州市、再び分散登校へ 市立小中5校で12人の児童生徒感染

  5. 漫画で解説 アイヌってどんな民族?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです