メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

除雪車、幼稚園児らに激励され出発式 鳥取

除雪車の前で、鼓笛演奏を披露する園児ら=鳥取市福部町湯山で2019年11月13日、野原寛史撮影

 降雪シーズンを前に、鳥取県東部での作業を担う国土交通省鳥取河川国道事務所の除雪車の出発式が13日、鳥取市福部町湯山の福部除雪基地であった。関係者や地元の幼稚園児らが参加し、作業員らを激励した。

 同事務所は除雪車両など70台を管理し、県東部の国道や鳥取道、鳥取西道路など計約227キロの除雪を担当する…

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです