メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

道化師学校「クラウンカレッジ」30年のキセキ 11月17日、横浜でフェス

今はなき「クラウンカレッジ」の看板のもとに集結したクラウンたち=横浜市の横浜みなとみらいで

 平成が終わろうとしていた4月21日、横浜みなとみらい(MM21)の一画で、カラフルな衣装と派手なメークをしたクラウン(道化師)たちが道行く人々に愛嬌(あいきょう)を振りまきながら行進していた。通行人たちとのグリーティング(あいさつ)を終えたあと、特設ステージに上がった20人のクラウンたちは「Hey!」と声を出し、とびきりの笑顔で決めのポーズをとっていた。これは彼らが今から30年前、スマイルとエネルギーを込めて演じるように米国人講師から徹底的にたたきこまれたルーティンだった。ステージの片隅には「クラウンカレッジ30周年」の小さな看板があった。彼らは今はなきクラウンカレッジジャパン(CCJ)の卒業生だった。

 平成元(1989)年9月、CCJは米国の「リングリングブラザーズ・アンド・バーナム&ベイリーサーカス」付属のクラウン養成学校日本校として東京・品川に開校、自然食品会社ナチュラルグループと三菱商事、TSP太陽の合弁会社が運営した。

この記事は有料記事です。

残り2094文字(全文2515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです