メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拉致42年「腹がたつほど長い年月」横田早紀江さん会見「絶対に元気に違いない」

めぐみさんへの思いを語った横田早紀江さん=川崎市川崎区で2019年11月14日午前10時33分、梅村直承撮影

[PR]

 横田めぐみさん(行方不明時13歳)が北朝鮮に拉致されてから15日で42年となるのを前に、母早紀江さん(83)が14日、自宅のある川崎市内で記者会見した。「42年というのは言うのも腹がたつほど長い年月。子どもたちを早く取り返してほしい」と一刻も早い帰国の実現を訴えた。

めぐみさんへの思いを語った横田早紀江さん=川崎市川崎区で2019年11月14日午前10時38分、梅村直承撮影

 めぐみさんは新潟市の中学1年だった1977年11月15日、下校途中に消息を絶った。元工作員の証言で拉致疑惑が浮上したのは97年。それからも20年以上が過ぎ、家族会は高齢化が進んでいる。早紀江さんは「なぜこんなに大事な問題がいつまでも終結にならないのか。早く知恵を出して、本気になって行動を起こして」と政府に対応を求めた。

 この日誕生日を迎えた父滋さん(87)は体調がすぐれず入院中で、リハビリに励んでいる。2人でめぐみさんの写真を見つめては「一目会うまではがんばろうね」と励まし合っているという。

めぐみさんへの思いを語った横田早紀江さん=川崎市川崎区で2019年11月14日午前10時55分、梅村直承撮影

 中学生だっためぐみさんは先月、55歳になった。早紀江さんは「13歳までしか育てていないが、(めぐみさんの)強さや優しさという本質は失わないだろうと信じて今日まで来た。絶対に元気に違いないと思っています」とメッセージを送った。【木下翔太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです