メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピード違反、逆転無罪 取り締まり装置の写真「証明力低い」 福岡高裁判決

福岡高裁などが入る庁舎=平川昌範撮影

 乗用車を運転しスピード違反に問われた福岡県の20代女性の控訴審判決で、福岡高裁は14日、被告女性が運転していたことを示す証拠とされた、速度違反取り締まり装置が撮影した運転者の顔写真について、画質が不鮮明で「鑑定の証明力は低い」として、罰金5万円とした1審・福岡地裁判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。

 女性は2015年1月14日午前0時35分ごろ、同県福津市の国道3号を、法定速度(時速60キロ)を35キロオーバーし乗用車を運転したとして、道交法違反(速度超過)に問われた。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  3. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 兵庫ボーガン事件 同級生「容疑者は明るく優しい子」 矢が刺さった女性に現場騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです